広告 リカバリー

【どっち?】マイトレックスリバイブとミニを比較した結論!マッサージガンの違い

MICH FIT編集部

『筋トレ・ダイエット初心者の全ての方の疑問を解消する』をテーマに発信しています。 管理人情報 ▼元パーソナルトレーナー ▼FWJフィジーク出場 ベンチプレス:130kg スクワット:160kg デッドリフト:170kg ジム・サプリの掲載依頼はこちら

考える男性
マイトレックスリバイブとリバイブミニって何が違うの?

どっちを買うべき?

今回はこのような疑問を持つ方に向けて、実際にマイトレックス(MYTREX)リバイブリバイブミニの両方を使用して比較した結論を解説していきます。

あなたがどちらを購入すべきかが分かるので、ぜひ最後までご覧ください。

【結論】マイトレックスリバイブとミニはどっちがおすすめ?

結論からいうと、マイトレックスリバイブ・リバイブミニはそれぞれ以下の人におすすめです。

リバイブがおすすめ
  • スポーツ、ジム等運動習慣のある男性
  • スポーツ試合やジムに持ち運びたい人
  • 慢性的な肩こり・腰痛に悩まされている人
リバイブミニがおすすめ
  • 女性・運動習慣のない男性
  • 家族皆で使いたい人
  • 職場に持ち運びしたい人
  • 顔・背中のケアもしたい人

振動の深さはリバイブの方があるため、身体に厚みのある方やコリに悩んでいる方はリバイブを選ぶべきです。

一方で「手軽にマッサージをしたい」「顔や背中まで全身もれなくマッサージしたい」という方はリバイブミニがおすすめです。

マイトレックスリバイブとミニの違いを比較

マイトレックスリバイブとリバイブミニを以下の5つの項目で違いを比較していきます。

料金

リバイブミニリバイブの料金を比較した結果がこちらです。

REBIVE

REBIVE MINI

料金(税込)23,980円14,960円

料金に関しては約1万円の開きとなっています。

Amazonや楽天のセールで10%程度割り引かれることもある

使用感

実際にリバイブミニリバイブの使用感を比較しました。

2つの振動を比べて思ったのは、振動の伝わる深さがリバイブの方が格段に深いということです。

筆者の場合は日頃から鍛えているため、普通の人より筋肉に厚みがあり、リバイブミニだとどうしても表面上にしか伝わっていないと感じました。

ポイント

女性や運動習慣のない男性はリバイブミニでも良いでしょうが、運動習慣のある男性はリバイブを選ぶべきでしょう。

ケース

マイトレックスリバイブとミニのケースを見比べてみました。

左がリバイブミニ、右がリバイブ

ケースのサイズ感には大きな差がないものの、取っ手部分に大きな違いがありました。

手前がリバイブミニ、奥がリバイブ

リバイブミニはストラップがついている一方で、リバイブにはしっかりとした取手がついています。

重さ

リバイブミニリバイブの本体重量を比較しました。(※アタッチメントはなし)

リバイブミニは380g、リバイブは693gとなりました。

イメージとして、500mlのペットボトルよりちょっと軽いか、ちょっと重いかと考えると分かりやすいですね。

ただリバイブは振動も強い一方で、ずっと使っていると手が疲れてくるので男性向けといえるでしょう。

アタッチメント

リバイブリバイブミニのアタッチメントを比較します。

基本的には同じ種類のアタッチメントとなっていますが、大きな違いは顔に使えるかどうかです。

緩衝形をレベル1で以下のように使うことで、顔のコリやむくみに対してもアプローチできますよ。

オプションで背中専用アタッチメントもあり

またリバイブミニには手が届きにくい背中・肩にアプローチする用のバックケアアームもあります。

リバイブミニの14,960円に加えて、3,960円支払うことでバックケアアームもセットで購入可能です。

マイトレックスリバイブがおすすめの人

マイトレックスリバイブは以下のような人におすすめです。

  • スポーツやジム等で身体を鍛えている人
  • 身体に厚みのある男性
  • 慢性的な肩こりや腰痛に悩まされている人

マイトレックスリバイブはミニよりも約1万円ほど値段は高いものの、より深くまでアプローチできます。

特に身体を鍛えていて身体に厚みのある方や肩こりや腰痛に悩まされている方は、ミニでは物足り可能性があるのでリバイブを選ぶべきです。

マイトレックスリバイブミニがおすすめの人

マイトレックスリバイブミニは以下の人におすすめです。

  • 女性・子供・高齢者
  • 運動習慣のない男性
  • 持ち運びで使いたい人
  • 顔・背中のケアもしたい人
  • 初めてマッサージガンを購入する人

リバイブミニは振動の深さの面ではリバイブに劣りますが、顔や背中などリバイブではできない・難しい箇所にもアプローチできるのが強みです。

また手軽で持ち運びもしやすいため、職場・学校にも持ち運びたい方にもおすすめです。

  • この記事を書いた人

MICH FIT編集部

『筋トレ・ダイエット初心者の全ての方の疑問を解消する』をテーマに発信しています。 管理人情報 ▼元パーソナルトレーナー ▼FWJフィジーク出場 ベンチプレス:130kg スクワット:160kg デッドリフト:170kg ジム・サプリの掲載依頼はこちら

-リカバリー