広告 リカバリー

【アスリート・筋トレ向け】マッサージガンのおすすめ6選!選び方・使い方紹介

ミカエル

『筋トレ・ダイエット初心者の全ての方の疑問を解消する』をテーマに発信しています。 管理人情報 ▼元パーソナルトレーナー ▼FWJフィジーク出場 ベンチプレス:135kg スクワット:170kg デッドリフト:170kg ジム・サプリの掲載依頼はこちら

考える男性
スポーツや筋トレのケアにマッサージガンが欲しいけど、どれがおすすめ?

リカバリーアイテムの定番として人気のマッサージガンですが、多くのメーカーが販売しており、どれを選ぶべきか悩む人は多いです。

そこで実際にハードに鍛えており、10種類ほどのマッサージガンを試してきた筆者が、筋トレ・アスリート向けのマッサージガンのおすすめを紹介します。

筋トレ・アスリート向けのマッサージガンの選び方

筋トレ・アスリート向けのマッサージガンの選び方を紹介します。

ストロークの深さ

特に筋トレ・スポーツに励む人たちは一般人より筋肉量が多いため、ストローク(振幅)が深いものを選びましょう。

市場ではミニマッサージガンが人気ですが、これらの多くはストロークが6〜7mm程度で物足りなく感じる場合があります。

ミカエル
ハードに鍛えている筆者が使用したミニマッサージガンはすべて物足りなかったです

最低でも8mm、できれば10mm以上のものを選ぶと筋肉量が多い方でも十分にリカバリーできます。

女性は筋肉量が男性ほど多くないので、ストロークは7〜8mm程度がおすすめです

アタッチメントの種類

マッサージガンの先端に取り付ける部品のことをアタッチメントと呼びます。

各メーカーのアタッチメントのほとんどは4〜6種類ですが、種類の多いものを選ぶことで各部位ごとの入念なケアが可能です。

特にジムで鍛えるトレーニーやアスリートは、入念なウォームアップやアフターケアをしないと怪我やパフォーマンスの低下につながります。

基本的に2万以上のものは種類が多いので、それらの中から選ぶのがおすすめです。

価格帯

マッサージガンの価格帯は1〜2万円台がボリューム層で、格安なものは1万円以下、高額なものは3〜5万円程度となっています。

ただ1万円台のものの多くはミニマッサージガンであり、女性や運動習慣のない男性にはマッチしますが、筋トレ・アスリート向けとしては物足りない印象です。

そのため筋トレ・アスリート向けならば振動の強い2〜4万円程度の商品がおすすめです。

ミカエル
実際2〜4万円程度のマッサージガンはアスリート向けに開発しているものが多いです

持ち運びやすさ

職場からジムに行く時、スポーツ大会への遠征時など、あらゆるタイミングで使用するためにも持ち運びやすさも重要です。

マッサージガンはケースに入れて持ち運びますが、ミニマッサージガンはストラップ型、通常のマッサージガンは取っ手がついている場合が多いです。

uFitのマッサージガンのケース

筋トレ・アスリート向けのマッサージガンのおすすめ

筋トレ・アスリート向けのマッサージガンのおすすめを紹介します。

uFit RELEASER Pro

uFit RELEASER Pro

ハードに鍛える筋トレ中上級者、ラグビー・アメフト・柔道など筋肉量の多いスポーツ選手に最もおすすめなのがuFit RELEASER Proです。

uFit RELEASER Proはストロークが14mmと業界最高レベルで、筋肉量の多い方でも筋肉の深層にまでアプローチできます。

ハードに鍛えている筆者が使用した経験からも、筋肉量の多いアスリートや・トレーニーにはこれがベストだと考えています。

ミカエル
下位モデルより17,000円高いですが、それでもおすすめです!

マイトレックスリバイブ

MYTREX REBIVE

筋トレ・アスリート向けでコスパに優れたマッサージガンが欲しい方はマイトレックスリバイブがおすすめです。

23,980円と中価格帯ではありますが、医療機器認証を取得している本格派のマッサージガンです。

ストロークは8mmですが最大3100回/分の高速振動で、筋肉量の多い方でも十分な筋膜リリースが可能です。

ミカエル
3万円台の購入は厳しいという方はこれがおすすめです!

ドクターエア リカバリーガンPRO

業界最大手のドクターエアの中でも特に筋トレ・アスリート向けなのがリカバリーガンPROです。

通常のマッサージガンでは背中中央部の肩甲骨まわりに届きにくいですが、リカバリーガンPROではアーム部分が伸びることで背中までアプローチが可能です。

またストロークも最大12mmですので、筋肉量の多い方でも筋肉の深層までしっかりアプローチできます。

ドクターエア(右)はかなり大きい

ただしケースが大きすぎて持ち運びには適さないので自宅のみでの使用となるでしょう。

シックスパッド パワーガンプラス

シックスパッドのパワーガンプラスは、シックスパッドのハイエンドのマッサージガンです。

ストロークは12mm、振動は10段階にまで分かれており、各筋肉に合った刺激に調整しやすいのが魅力。

また充電残量が一目で分かるのは他社のマッサージガンにもなく、パワーガンプラス独自の機能です。

【公式ストア限定】シックスパッド パワーガン プラス/SIXPAD Power Gun Plus + 食BOOKセット(ブラック)
SIXPAD

マイトレックス リバイブゼン

マイトレックスリバイブゼンは、リバイブシリーズの中でアスリート向けに開発されたモデルです。

下位モデルのマイトレックスリバイブと比べると以下のような違いがあります。

リバイブゼン

リバイブ

料金25,960円23,980円
質量約600g約680g
最大振動数3,200回3,100回
ストローク10mm8mm
最長動作時間約7時間半約2時間半

リバイブよりは2,000円ほど高いですが、振動が強く深くまで届く上に動作時間も長くなっています

また+4,378円のオプションで、より広範囲にアプローチできるリリースベルトも付けられます。

 

筆者は下位モデルのリバイブでも満足できましたが、2,000円の価格差しかないので、より振動の強さを求めるならリバイブゼンもおすすめです。

ハイパーボルト2

 

ハイパーボルトは世界的なマッサージガンブランドで、国内外問わずスポーツ選手からの人気も高いです。

ハイパーボルト2は人間工学に基づいたデザイン、従来より300gの軽量化を実現し、非常に使いやすいのが特徴です。

さらに専用アプリと接続することで、使い慣れてない方でもあらゆるシーンで適切なリカバリーができます。

uFit RELEASER

uFit RELEASER

uFit RELEASERは3つのRELEASERシリーズの中で中間に位置するマッサージガンです。

上位モデルのRELEASER Proとの主な違いは以下の通り。

uFit RELEASER

uFit RELEASER Pro

料金(税込)22,800円39,800円
ストローク10mm14mm
バッテリー最長6時間最長5時間

値段が17,000円ほどの差があるものの、ストロークは4mmも差があり、振動の強さは全く違います。

実際に使用した感触でも大きな差を感じたので、本格的に筋トレ・スポーツに取り組んでいる方はRELEASER Proがおすすめです。

【女性向け】筋トレ・アスリートのおすすめマッサージガン

 

筋トレ女子や女性スポーツ選手におすすめなのがuFit RELEASER Miniです。

男性であれば筋肉量が多いためストロークの深いものが良いですが、女性がストロークの深いものを使うと痛みを感じる場合があります。

そのため女性には適度な強さのミニマッサージガンが適しており、ミニマッサージガンの中で強度の高いuFit RELEASER Miniがベストといえるでしょう。

ミカエル
小型なので職場やスポーツ時にも手軽に持ち運べます!

筋トレ・スポーツ時のマッサージガンの使い方・タイミング

筋トレ・スポーツ時にマッサージガンを使用するポイントは以下の通りです。

  • ウォームアップ・アフターケアに使用
  • マッサージガン以外にもストレッチを行う
  • 部位ごとに適したアタッチメントを使う
  • 顔や骨には当てない

またアタッチメントの使い分けですが、各社アタッチメントの種類はほぼ同じですので以下のuFitの使用法を参考にどうぞ。

出典:uFit

筋トレ・アスリートがマッサージガン以外にやるべきこと

筋トレやスポーツに励むトレーニー・アスリートがマッサージガン以外でやるべきことを紹介します。

適切な生活習慣

当たり前ですが、トレーニング・食事・睡眠など日常の生活習慣の管理は欠かせません。

日頃の生活習慣を徹底した上で、さらなるパフォーマンスアップ・リカバリーの効率化を図るためにマッサージガンを使用するのです。

サプリの活用

食事では不足した栄養素、より効率的なパフォーマンスアップ・リカバリーを目的としてサプリの利用もおすすめです。

  • トレーニング前:プレワークアウト(カフェイン、NO系(アルギニン、シトルリンなど))
  • トレーニング中:アミノ酸、糖質、電解質など
  • トレーニング後:プロテイン、糖質、グルタミンなど
  • 睡眠前:アルティメットリカバリーマックス

特におすすめのサプリと参考記事を紹介するので、ぜひ参考にどうぞ。

ストレッチ

筋トレ・スポーツ前後のウォームアップ・アフターケアではマッサージガンのみでなく、他のストレッチも入念に行いましょう。

その方が全身まんべんなくほぐせるので、パフォーマンスやリカバリーの効率も上がるでしょう。

  • この記事を書いた人

ミカエル

『筋トレ・ダイエット初心者の全ての方の疑問を解消する』をテーマに発信しています。 管理人情報 ▼元パーソナルトレーナー ▼FWJフィジーク出場 ベンチプレス:135kg スクワット:170kg デッドリフト:170kg ジム・サプリの掲載依頼はこちら

-リカバリー