広告 ジム 筋トレ初心者

【会員解説】JOYFIT24に3年通った感想!月額料金プランの違いも解説

MICH FIT編集部

『筋トレ・ダイエット初心者の全ての方の疑問を解消する』をテーマに発信しています。 管理人情報 ▼元パーソナルトレーナー ▼FWJフィジーク出場 ベンチプレス:130kg スクワット:160kg デッドリフト:170kg ジム・サプリの掲載依頼はこちら

全国展開している24時間ジムの大手の1つであるジョイフィット(JOYFIT)。

考える男性
ジョイフィットって他の24時間ジムと比べてどうなの?

料金、メリット・デメリットとか知りたい

今回はこのような疑問を抱える方向けに、ジョイフィット24に過去3年ほど計5店舗以上に通った経験をもつ筆者が感想や料金プランについて解説していきます。

ジョイフィット24に通って感じたメリット

ジョイフィット24に実際に通って感じたメリットを3つ紹介します。

全国の店舗を自由に使える

ジョイフィット24 に入会すると、全国の店舗を追加料金なしで自由に使えます。

そのため自宅の近く・職場の近くなど2店舗の同時利用や、出張・旅行の際の近隣店舗も使用できてしまのです。

ミカエル
予定が入ったことで、いつもの店舗に通えないときに他店舗が使えるのは嬉しいです

単一店舗のみを格安利用も可能

ジョイフィットは一般的には全国の店舗使い放題のナショナルLITEプランで契約します。

ただ一部店舗にはLITE会員という制度があり、これは単一店舗のみの利用になる代わりに月額料金が割安になるというものです。

例えば京阪守口店の場合、ナショナルLITE会員が6,578円(税込)に対し、LITE会員は4,378円(税込)で利用できます。

ミカエル
他店舗利用をしない方はこちらがお得です!

※ナショナルLITE会員、LITE会員の料金は店舗ごとで異なる

風呂・サウナつき店舗はコスパ抜群

ジョイフィット(青色)と一部のジョイフィット24にはお風呂やサウナを利用できます。

ジムのお風呂やサウナというと、通常コナミやNAS、ゴールドジムなどの大型店舗にしかないものですが、ジョイフィットでは24時間ジムの料金帯で利用できるのです。

ジョイフィット24に通って感じたデメリット

ジョイフィット24に実際に通って感じたデメリットを3つ紹介します。

店舗ごとにムラがある

ジョイフィットはフランチャイズの店舗も多いため、店舗ごとで設備やスタッフの質に良くも悪くもムラがあります。

筆者自身、これまで5店舗以上のジョイフィットを経験しましたが、メーカーやマシンにこだわる店舗もあれば、簡素なマシンしか置いていない店舗もありました。

ミカエル
特に大阪の南堀江店はスタッフの質が非常に高くおすすめです

安心サポートの解約が手間

ジョイフィットは契約時に「あんしんサポート」というオプションが強制的につけられました。

これは月額500〜700円程度ですが、3ヶ月間は無料の代わりに継続しなければならず4ヶ月目以降に解約をしました。

肝心のサポート内容は、怪我や盗難にあった際の見舞金・旅行や食事で使える優待券などです。

ミカエル
ただサポートの恩恵を受ける機会は0で、ただただ解約の手間がかかるだけでした

あんしんサポートは解約し忘れると、払い損になる可能性が高いので使わない方は確実に解約しましょう。

>>あんしんサポートの詳細はこちら

地方店舗は少ない

2024年2月現在、ジョイフィット24の店舗は上記のようになっています。

これを見る限り、関東・関西の店舗数は非常に多いですが、その他の地方店舗は非常に数が少ないです。

ジョイフィット24と24時間ジム比較

ジョイフィット24と他の24時間ジムを比較してみました。

ジョイフィットエニタイムFITPLACE24チョコザップ
月額料金(税込)4,000〜7,000円程度
※店舗によって異なる
7,000〜1万程度
※店舗によって異なる
3,278〜5,478円
※継続条件あり
3,278円
対象初心者〜中上級者初心者〜中上級者初心者〜中上級者初心者
設備

ジョイフィットはこの中ではタンニング・風呂・サウナなどがある店舗があるため、設備面で比較的充実している傾向にあります。

一方でトレーニングフロアのみに絞るとFITPLACE24のコスパが非常に優れているため、シャワーなしでも構わない方はFITPLACE24がおすすめです。

また「適度に運動できれば十分」「ガチ勢を目指す気はない」という方はチョコザップがエステ・脱毛等も使い放題なのでお得ですよ。

ジョイフィット・ジョイフィット24の料金プランの違い

ジョイフィットとジョイフィット24の一般的な料金プランを紹介します。

店舗ごとで月額料金に違いがある点をご理解ください

ジョイフィット24(赤色)

ジムLITEナショナルLITE
月額料金4,000円程度
※店舗ごとで異なる
7,000円程度
※店舗ごとで異なる
オプション水素水:1,080円/月
安心サポート:550円/月
安心サポートVIP:825円/月
タンニング:5,500円/月
契約ロッカー:1,100円/月

ジョイフィット(青色)

ナショナル会員学生会員キッズ会員
月額料金7,000円程度6,500円程度6,000円程度
オプション水素水:1,080円/月
安心サポート:550円/月
安心サポートVIP:825円/月
タンニング:5,500円/月
契約ロッカー:1,100円/月

※学生会員、キッズ会員がない店舗もある

ジョイフィットの方がお風呂やサウナ、スタジオなどがついており、お得ですので近隣にある方は非常におすすめです。

ジョイフィット24に関する質問

ジョイフィット24に関するよくある質問にお答えします。

エニタイムとどっちが良い?

ジョイフィットもエニタイムも店舗ごとで設備の質に大きく差があるため、店舗ごとの比較で判断しましょう。

ただエニタイムはハンマーストレングスという玄人受けするメーカーが設置されている店舗が多いため、近隣にある場合はおすすめですよ。

お風呂だけはどう?

入会したから運動しなければならないという義務もないため、シャワー利用のみも可能です。

ただLITE会員でも月額4,000円程度かかると考えると、契約せずに自宅でシャワーを浴びる場合と費用面の差はそれほどないかもしれません。

  • この記事を書いた人

MICH FIT編集部

『筋トレ・ダイエット初心者の全ての方の疑問を解消する』をテーマに発信しています。 管理人情報 ▼元パーソナルトレーナー ▼FWJフィジーク出場 ベンチプレス:130kg スクワット:160kg デッドリフト:170kg ジム・サプリの掲載依頼はこちら

-ジム, 筋トレ初心者